SAGANTOSU
Official Web Site

9/22(土) 2018明治安田生命J1リーグ
第27節

柏レイソル vs サガン鳥栖

三協フロンテア柏スタジアム 15:00

HOME

柏レイソル
1

試合終了

1 前半 0

0 後半 1

1

AWAY

サガン鳥栖
  • 瀬川 祐輔(40‘)
  • 金崎 夢生(52‘)

アウェイグッズ情報

9/22(土)『2018明治安田生命J1リーグ』第27節vs 柏レイソルにてサガン鳥栖グッズ販売のお知らせ

【販売場所】
三協フロンテア柏スタジアム 場内ビジターエリア

【販売時間】
13:00~試合終了後20分程度

【販売グッズ】
フェルナンド・トーレス選手グッズ
・誤報じゃないよ!ほんトーレス!Tシャツ
・来てくれてありがトーレス!Tシャツ
・誤報じゃないよ!ほんトーレス!タオルマフラー
・ナンバーTシャツ(No.9)
・背番号タオルマフラー(No.9)
・アクリルキーホルダー(No.9)

通常グッズ
・ウィントスキャップ
・背番号タオルマフラー(No.13 小林祐三選手・No.17 SAGANTINO・No.20 権田修一選手・No.44 金崎夢生選手)
その他サガン鳥栖グッズ

メンバー

スターティングメンバー

GK1桐畑 和繁
DF13小池 龍太
DF4鈴木 大輔
DF22パク ジョンス
DF6高木 利弥
MF14伊東 純也46*‘
MF8小泉 慶
MF7大谷 秀和84‘
FW9クリスティアーノ
FW18瀬川 祐輔
FW26オルンガ
GK20権田 修一
DF8藤田 優人
DF3高橋 祐治
DF33ジョアン オマリ
DF2三丸 拡
MF36高橋 秀人90‘
MF14高橋 義希
MF6福田 晃斗
FW40小野 裕二60‘
FW9フェルナンド トーレス73‘
FW44金崎 夢生

控えメンバー

GK16滝本 晴彦
DF29中川 創
DF39亀川 諒史
MF15キム ボギョン
MF17手塚 康平
FW10江坂 任46*‘
FW11山崎 亮平84‘
GK18高丘 陽平
DF5キム ミンヒョク90‘
DF24安在 和樹60‘
MF4原川 力
MF7河野 広貴
FW11豊田 陽平73‘
FW27田川 亨介

監督

加藤 望
マッシモ フィッカデンティ

試合経過

90‘
  • 高橋 秀人
  • キム ミンヒョク
  • 大谷 秀和
  • 山崎 亮平
84‘
73‘
  • フェルナンド トーレス
  • 豊田 陽平
  • オルンガ
68‘
60‘
  • 小野 裕二
  • 安在 和樹
52‘
  • 金崎 夢生
  • 伊東 純也
  • 江坂 任
46‘
  • 瀬川 祐輔
40‘

スタッツ

7FK15
6CK4
0PK0
13シュート13
1/0警告/退場0/0

試合環境

入場者数

12,922人

天候

曇のち晴

気温

27.8℃

湿度

56%

主審

家本 政明

副審

平間 亮

副審

鈴木 規志

第4の審判員

野田 祐樹

マッシモフィッカデンティ監督

前半はお互いにチャンスを作ることができませんでした。先制されてしまいましたが、後半は私達が得点を奪って追いつくことができて良かったです。その後も、フェルナンド・トーレス選手が2度ヘディングで決定機をつくるなどチャンスも多くありました。
また、相手の攻撃に対しては、権田選手が素晴らしいセーブで防いでくれました。

金崎夢生選手

自分がゴールしたことよりもチームが勝てなかったことが残念ですし、もっとできると思うので本当に悔しいです。
今日は、自分たちの戦い方ができていなかったです。運動量や球際の激しさなどホームで出来ていることがしっかりできれば、アウェイでも結果が残せると思います。それを続けていかないと残りの試合も難しいと感じています。
全員で運動量多く戦うことができるチームだと思うので、ホーム・アウェイ関係なく毎試合しっかりと戦っていきたいです。

三丸拡選手

必ず勝ち点3を奪って帰ろうという気持ちで試合に臨みました。前半に失点してしまったことは残念でしたが、また同じミスを起こさないようにチーム全体としても個人としても反省して次に活かしたいと思います。
同点に追いついて勝ち越せるチャンスがあったことは次に繋がる部分なので、個人的にも攻撃にもっと絡んでいけるようにしていきたいです。
(得点シーンについて)ニアサイドに高身長の選手が多かったのでファーサイドへ蹴ろうと思っていて狙い通りでした。
(ファン・サポーターの皆さまへ)90分通して大きな声援を送ってもらい、選手たちは最後まで走ることができました。まだリーグ戦は続くので、今回のように遠くまで応援に来ていただけるようにチームも頑張っていきます。

権田修一選手

相手にたくさんの決定機があったわけではないですし、枠にくるシュートを止めるのは自分の仕事なので、失点してしまったその1本を止める努力をしていかなければいけないと思っています。無失点に抑えないと勝てない試合だったので。
(終了間際のピンチの場面は)ディフェンスの選手にボールが当たり軌道が変わってしまったのですが、足を伸ばして弾くことができました。目の前にこぼれてしまい相手に詰められて危なかったのですが、弾いた後のアクションというのをコーチと練習の中でこだわって取り組んでいてその成果が出たと思います。
アウェイにも多くのファン・サポーターが応援に来てくれて、後押しされているのを感じています。九州から遠くまで来てくれた皆さまに最高のファンサービスは勝つことなので、それを今日の試合で見せることができなかったのは残念です。次は結果に繋げられるようにがんばりたいです。
とにかく自分たちは勝ち点3を稼いでいくことにこだわって全試合戦っていきます。次の試合も勝つのは簡単ではないですし、難しい試合になると思いますが、チームが1つにまとまって一週間しっかり準備していきたいです。