SAGANTOSU
Official Web Site

2018.8.3 トップ

ジョアン・オマリ選手 新加入記者会見コメント

8/3(金)、ジョアン・オマリ選手の新加入記者会見コメントをお知らせいたします。

 

ジョアン・オマリ選手よりご挨拶。

はじめまして、ジョアン・オマリです。私はレバノン系ドイツ人です。まずはマッシモ監督、竹原社長にサガン鳥栖でプレーする機会をつくっていただき感謝しています。

ご自身の持ち味を教えてください。

自分の長所について話すことはあまり好きではありませんが、リーダーシップがあってチームを助け、そしてチームの幅をもたせるそんな動きができると言われることはあります。これまで7年間、ドイツでプロキャリアを経験し、その後トルコ1部、UAE1部のチームへの移籍を経験してきました。そしてサガン鳥栖へ来ました。現在チームから求められていることを理解していますので、存分に発揮してチームに貢献していきたいと思います。

日本へ移籍することを決断した理由は?

決断した理由はヨーロパから日本へいい選手が移籍していること、そして凄くいい国でもあります。また、高いレベルでサッカーをしていると思います。それは今年のワールドカップを見ていても感じました。実際、他のクラブからもオファーがありましたが、サガン鳥栖への移籍を決断したのはマッシモ監督から良い印象を持っていただいているという部分もあります。

 

Jリーグの印象はいかがですか?

来日して7、8日が経ち、その間で行われた2試合はもちろん、その他のチームの試合も見てます。印象としては速いサッカーをしている、走っても疲れない選手が多いと思いました。非常に強く、いいリーグだと思います。

今回移籍するにあたって期待されることもあると思います。どういったプレーをしていこうと思いますか?

まずは全力でプレーをしていきます。サガン鳥栖は良いクオリティーを持っているチームだと思いますが、運がなくて今の順位にいると思います。自分はこれからもチャレンジをしていきたい。

 

来年アジアカップがあります。レバノン代表としても非常に大事な時期になりますがどう過ごしていきたいですか?

まず私はレバノン代表でリーダー的な存在の選手です。だからこそ、今から何かレバノン代表へ見せつけるということは全くありません。今はサガン鳥栖の選手なので、これからサガン鳥栖に100%集中していきたいと思います。ですからアジアカップが2019年に行われ、そこでレバノン代表が参加することに関しては意識していません。

代表では2得点リーグ戦では15得点していますが、得点パターンとしてはセットプレーからの得点が多いですか?

コーナーキックからの得点が多いですが、35~40mのロングシュートも何回か決めています。もちろんサガン鳥栖でも得点を取れればと思っていますが、前提として私はディフェンダーですので、まずはゴールを守ることに集中していきたいと思います。

背番号33番の理由は?

背番号に関してはあまり大事だと思っていないので33番にした理由は特に無いです。前のチームでは44番でしたが埋まっていたので、33番にしただけです。一番大事なことはサガン鳥栖のユニフォームを着て戦うことだと思っています。

 

ファン・サポーターの皆さまへ一言

まずは素晴らしいファン・サポーターの皆さまへメッセージが送れることを非常に嬉しく思います。まずはチームがこのような厳しい状況にいる中でも温かい応援をしてくださって感謝申し上げます。こういった厳しい状況だとチームを手放すサポーターがいるクラブもありますが、サガン鳥栖のサポーターは最後の最後まで応援し続ける素晴らしい方々だと思っています。実際サガン鳥栖は「17」がサポーター番号ですが、サポーター含めてチームです。うまくいっているときもうまくいっていないときも最後の最後まで一緒ですので、私たち選手と共に一緒に戦って欲しいと思います。

最新ニュース

ホーム ニュース ジョアン・オマリ選手 新加入記者会見コメント