SAGANTOSU
Official Web Site

ORGANIZATION アカデミー組織説明

アカデミーとは


サガン鳥栖アカデミーではU-18(高校生年代/第2種)、U-15鳥栖・唐津(中学生年代/第3種)、U-12(小学生/第4種)から成る育成部門「ユースセクション」と、サッカーの楽しさ伝える普及部門「サッカースクール」で構成しています。
一貫した育成システムにより、主人公である無限の可能性を持つ選手たちの想像力、独創力を引き出せる指導を行い、サッカーを通じ豊かな人間性と常識ある社会人としての人材育成にも重点を置き活動しています。九州各地から選手が集い、目標とされる育成組織をめざし、将来、トップチームで活躍できる選手を育成することを目的にクラブ全体で取り組みます。

ユーススポンサー

アカデミーオフィシャルブログ

NEW 2018/2/21

サガン鳥栖U-15「アメリカ遠征」6日目

大会最終日は、強風の中での試合となりました。前半は追い風の中、終始主導権を握ります。相良竜之介選手や中村尚輝選手を中心にチャンスを作りますが、得点を奪えずスコアレスで折り返します。後半は、相手がシンプルにロングボールを入れてきて、空中戦での戦いが続きます。コーナーキックのチャンスに橋本悠選手がヘディングで決めて先制。その後は、ゴールキーパーを中心に相手の猛攻を凌いで1-0で勝利を飾りました。準決勝サガン鳥栖vsFBSL TUZOS ACADEMY1-0(0-0)[得点者]橋本悠決勝の相手は、リトリートからカウンターを狙う戦術で、カウンターから今大会初の失点を許します。相良竜之介の得点で追いつきますが、カウンターから失点し、1-2で前半を折り返します。後半、前線の選手が奮起し、中村尚輝のカットインからミドルシュートが入り再び追いつき、更に相良竜之介選手がこの試合2点目となるゴールを決めて逆転。試合はそのまま終了し、「ラスベガス市長杯」優勝を飾りました。決勝サガン鳥栖vsLA ROCA PREMIER 02 TJ3-2(1-2)[得点者]相良竜之介2、中村尚輝今回の遠征に関わっていただきましたクラブ関係者や保護者の方々、皆さまに感謝いたします。大きな怪我や病気も無く大会を終える事も出来ましたし、選手・スタッフ全員で一丸となって最後まで戦えた事が最高の形になって良かったです。たくさんの応援ありがとうございました。

ホーム アカデミー アカデミー組織説明