SAGANTOSU
Official Web Site

BLOG ブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のアツい記録が盛りだくさん!

NEW 2020/3/26

3月25日(水)トレーニング

3月25日(水)、天気も良く暖かい日差しの中、トレーニングスタート。ストレッチを交ぜながらのランニング。ゴールキーパーは、ボール回しで体をほぐした後に、ハードルなどの器具も使って動きを入れながらのシュートストップ。フィールドプレーヤーは2人1組でのパス交換。リフティングでは、頭のみでも行っていました。また、どの組が一番早く目標の回数を達成できるかスピードも競っていました。パスワークからのシュート練習。 サイドからのクロスがわずかに合わず悔しがる松岡大起選手。「これだけのこと(新型コロナウイルスによる開催延期)はキャリアの中で初めての事なので難しさはあるのですが、再開に向けてどのチームも良い準備をしようとしている中でどこが肝になってくるかというとしっかりプレーをし続けるところだと思います。なるべく油断しないように気を引き締めてプレーしたいと思います。緊張感を持ち続けることも難しいのでそこのバランスを全体的にチームで雰囲気を作り上げながらやっていきたいです。守備はしっかり守る、攻撃はフィニッシュで終えてゴールを決めるというところはシンプルに、幹の部分はしっかり集中してブレないようにと思っています。その中でリラックスするところはリラックスして来るべき時にしっかり花を咲かせられるように幹の部分をしっかりして根を張りたいです」と豪快なシュートを何度も決めていた豊田陽平選手。パターンを替えて繰り返し行っていました。その後は、みんなでグラウンドをダッシュ。たくさん走って苦しそうな中でも、声をかけ合ってみんなで乗り切ります。ディフェンスを入れてのパス回しの後、ゲーム形式のトレーニングで終えました。「思っているよりも体は動けていますが、更に一段階上げていきたいです」と原川力選手。リフティングの技をまた披露してくれると約束してくれました。この前より少し簡単かもと言っていました。全体練習後、先日入籍を発表した小屋松知哉選手をみんなで祝福。「水はすごく冷たかったですが、こういうの初めてだったので本当にうれしかったです。みんなに祝ってもらい感謝しています。これから2人で協力してがんばっていきます」とチームメイトからの祝福に感謝していた小屋松選手。自主トレーニングで、須和部譲コーチに指導を受けていた本田風智選手に何を話していたのか聞いてみました。「自分のやりたいプレーのイメージや、自分がチームに求められていることなどを聞いていました。最初はリャンさん(梁勇基選手)とも話していて、今まで経験してきたことなどをいろいろと教えてくれました。途中からコーチも入ってきてくれて、2人からいいアドバイスをもらいました」と話してくれました。帰り際の高橋義希選手。フロントスタッフを見つけ深いお辞儀を(笑)それを後ろから見ていた守田達弥選手。「さすがだなー」と一言(笑)そしてカメラを向けたら、「自分は撮らなくていいですよ」と(笑)

アカデミーオフィシャルブログ

U-18、U-15、U-15唐津、U-12の情報をお届けします。

NEW 2019/12/28

サガン鳥栖U-15「高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会」10日目

いよいよ決勝戦の日を迎えました。キックオフが15:00なので朝はゆっくりと過ごし、昼食を食べてからホテルを出発。会場に到着し、試合前ミーティングから選手たちは集中した状態でウォーミングアップを行いました。ゴール裏では多くの保護者の方やサポートの皆さまが声援を送ってくださり、最高の雰囲気の中、選手たちも声を掛け合いピッチに入りました。決勝戦は高円宮殿下もご出席され、選手たちと挨拶を交わして頂きました。決勝戦の相手はガンバ大阪ジュニアユース。試合は、個人技が高い選手を多く有するガンバ大阪に対し、しっかりとした守備から丁寧なビルドアップで試合を組み立てたいサガン鳥栖でしたが、立ち上がりの前半4分にディフェンスラインの背後へのロングボールを相手に抜け出され、今大会初の先制点を許してしまいます。鳥栖の選手たちは冷静にブレる事なく自分たちのサッカーを続け、得意のサイド攻撃からチャンスをつくりだしますが、なかなか相手ゴールネットを揺らすことが出来ません。前半22分、右サイドを崩されると、ミドルシュートを決められ失点。0-2で前半を折り返します。ハーフタイムで攻撃を修正し、後半は鳥栖が優勢に試合を進めます。しかし、再三のチャンスも浦十藏選手のシュートがクロスバーを弾くなど、ゴールを奪う事が出来ず試合終了。ホイッスルが鳴った直後、ピッチに倒れこむ選手が多く涙を流すシーンもありました。それだけこの一戦にかけてきた想いがあり、悔しさを前面に出していました。選手たちは持っている力を出しきり、今年のチームスローガンである「砂岩魂」を体現し戦い抜いてくれました。その姿を見せてくれた選手たちには胸を張って貰いたいと思います。大会を通して選手・スタッフ一同成長させてもらいましたし、この経験を次のステージに繋げていきたいと思っています。試合後はホテルに戻り夕食を摂りました。その時には選手たちは明るく、次に向けて切り替えていました。また、保護者の皆さまから少し遅くなりましたがクリスマスケーキを頂き選手たちは喜んで食べていました。笑顔溢れる食事の時間になり感謝いたします。ありがとうございました。明日、羽田空港から佐賀に帰ります。本日で年内の活動は終了となり、来年からは新チームが始動します。2019年、保護者の方や応援して頂いた方、サガン鳥栖アカデミーに関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。2020年もサガン鳥栖アカデミーをよろしくお願いいたします。

サッカースクールブログ

園児から中学生までの男女が対象。未経験でも丁寧に指導します。

NEW 2020/3/28

サガントス・サッカースクール コーチ紹介 岸田勝太郎コーチ

こんにちは!!第5回は岸田勝太郎コーチですスクール1飄々とした男の秘密に迫ります ほな、いこかぁ岸田コーチは5月29日に兵庫県で生まれました<スクールの時に誕プレ待ってます!身長は179センチとなかなかの体格の持ち主です

サガンティーナブログ

サガン鳥栖を盛り上げるガールズユニット「サガンティーナ」のブログです。

NEW 2020/3/27

桜の季節ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ♡‧₊˚

皆さん、こんにちは今日のブログはERIKOです今日、朝起きた瞬間「鰻食べたい!!」という謎の思いつきから、お母さんと一緒に近所の鰻屋さんに行ってきました小さい頃から大好きな食べ物の1つで、久しぶりに堪能できて幸せでしたそして、今週に入って、色んなところで桜が咲いているのを見かけます満開までもうちょっと、、、。ってところで昨日今日にかけて雨がお花見するのは難しそうですが、運転しながら、桜を眺めるのもワクワクしますね今からサガンティーナのダンス練習気合い入れて頑張るぞー明日は、りさ

ホーム ファンゾーン ブログ