SAGANTOSU
Official Web Site

BLOG ブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のアツい記録が盛りだくさん!

NEW 2017/4/18

3戦連発も勝利ならず

2017年4月16日(日)【明治安田生命J1リーグ第7節】AWAY・ヤマハスタジアムでのvsジュビロ磐田、スターティングメンバー。 「お互いが守りの方に人数を割いて、お互いのチャンスをしっかり潰し合うチーム同士の試合(マッシモフィッカデンティ監督)」となったアウェイでのジュビロ磐田戦。 サガン鳥栖は「前半は細かいミスも多くてなかなかゲームを組み立てられない状況が続きました(福田晃斗選手)」と相手に押し込まれる展開が続きます。 相手シュートが味方に当たってコースが変わっても俊敏な反応でゴールを守る権田修一選手。 苦しい時間帯もセカンドボールを拾って攻守に厚みを持たせる高橋義希選手。 積極的なドリブルで相手に仕掛けてクロスをあげるなど決定機をつくる小野裕二選手。 前線でボールをキープし、攻撃のリズムをつくるビクトルイバルボ選手。 相手クロスを弾き返す空中戦の強さを見せて、ピンチには体を投げ出してシュートブロックする谷口博之選手。 全員が集中した守りを見せて0-0のスコアレスドローで前半を折り返します。 両チームともスペースの無い中で、相手DFラインの裏を狙いますが、決定機まで繋げることが出来ずに時間が経過します。一つのパスで決定機へ繋げる鎌田大地選手。 交代出場を果たすと試合への入り方もよく、すぐに持ち味のスピードをいかして裏のスペースを狙う田川亨介選手。 趙東建選手は攻撃の起点をつくり、チームの勝利だけを目指します。 自陣サイド裏のスペースをケアしながらナイスカバーするキムミンヒョク選手。 幾度となく上下運動を繰り返してチームへ献身的な姿勢を見せ続けた藤田優人選手。 吉田豊選手は相手サイドを崩してクロスをあげるなどチャンスに繋げます。 そして迎えた88分、コーナーキックのチャンスに原川力選手が精度の高いボールを供給します。 それを「練習通り」と豊田陽平選手がヘディングで合わせて先制ゴールを奪います。 3試合連続でゴールを決めた豊田陽平選手。しかし、相手に反撃を許し、89、90+4分と立て続けに失点、1-2での逆転負けを喫しました。アウェイの遠い地でたくさんの熱い応援ありがとうございました。 また、レポートします。

アカデミーオフィシャルブログ

U-18、U-15、U-15唐津、U-12の情報をお届けします。

NEW 2017/4/21

サガン鳥栖U-15「イタリア遠征」6日目

大会最終日は、順位決定戦の2試合が行われました。9~16位トーナメント2回戦は地元クラブのBRA(イタリア)と対戦。試合開始から相手に厳しくプレッシャーをかけてボールを奪いにいきます。ハイプレスを続ける中で、良い形でボール奪うことが多くなり攻撃のリズムと余裕も生まれてきました。前半12分、ペナルティエリア内でクロスボールを受けたMF中村尚輝選手が落ち着いてゴールに流し込み、早い時間に先制点を奪います。その後も運動量が落ちることはなく、FW坂口眞汐選手のハットトリックの活躍もあって5-0で勝利。9位決定戦進出を決めました。9位決定戦は、イタリアの強豪クラブのナポリと対戦。お互いに気持ちが入り、コンタクトプレーの多い激しい試合になりました。攻撃では、ボールをテンポよく動かしFW坂口眞汐選手の相手ディフェンスラインの背後への飛び出しや、MF相良竜之介選手と中村尚輝選手のドリブル突破でチャンスを伺うも、相手DFの能力も高くなかなかゴールを奪えません。守備では、サイドを鋭く突いてくる相手の攻撃に対して苦しむ時間帯もありましたが、全員が粘り強く対応。タフさを発揮して決定機を与えませんでした。拮抗した試合は、後半アディショナルタイムのコーナーキックを、CB末次晃也選手が気持ちで押し込んだシュートが決勝点となり劇的な勝利を挙げました。試合終了後、スタンドからはサガン鳥栖の応援歌が鳴り響き感慨深い試合となりました。試合後に、エスパニョール(スペイン)vsスパルタクモスクワ(ロシア)の決勝戦を観戦。イタリア国外クラブ同士の対戦となった今大会の決勝戦、質も高く激しい攻防の試合展開となりました。個人のテクニックや判断力に優れたエスパニョールが3-2で勝利し、優勝を掴みとりました。最終順位は32チーム中9位。表彰式では、世界各国の参加チームと健闘を讃え合いました。今大会、出場した世界の強豪クラブとの対戦を通じ、スタッフ、選手共に同年代の世界基準を肌で感じることができました。また、イタリアのサッカー文化、価値観に触れることで新しい気づきを数多く得ることができました。このような経験をさせていただいたクラブ、関係者の皆様に感謝すると共にイタリア遠征で体感した事を生かし体現できるように更に精進していきます。親身になり、この遠征中に色々とサポートをしてくださった「ミワさん」「マッテオさん」「テッペイさん」にトリノ空港で挨拶をしました。【末次晃也(キャプテン)コメント】「今回の遠征で、プロを目指す上で今の自分に必要なことがたくさん分かったと思います。海外では、フィジカル面が通用しなかったので、テクニックや戦術という違う面で相手に勝たなければいけないと思いましたし、言葉が通じずイライラした時にしっかり自分自身でコントロールするメンタルも必要だと感じました。この遠征に協力して下さったクラブ、家族などに感謝の気持ちを忘れず、早く自分がトップチームに上がって恩返しをしないといけないと思っています。」【相良竜之介コメント】「普段経験できない海外での遠征でした。日本とは文化も違うので、慣れない生活でしたが充実したものになりました。言葉が伝わらない難しさもありましたが、たくさんコミニケーションもとれましたし海外で必要なことも学ぶことができました。自分を試すチャンスだと思い強い決意を持って臨めました。相手は体格も良くて速いのを知ったうえでどうしたら勝てるのか考え、負けないことを前提にそれ以上に自分も仲間もそれぞれの武器をしっかりと出すことができました。その中での課題や足りない部分をチームや自分で努力し、更にレベルアップして自分の夢であるプロサッカー選手になるために今回経験した事をもとに体現していきたいです。サッカーとそれ以外の部分でたくさん学べたことを自分のものとして、勝てなかった悔しさをバネにまた頑張っていきたいです。通用したテクニックはさらに磨き、そうでなかった部分を人並みに上達させていきたいです。そして、このような貴重経験をさせてもらったクラブ、家族、様々な方々への感謝を忘れず日々努力し夢を叶えて恩返ししたいです。」【ステファーノ・グッゼーラ国際大会 順位決定戦】 サガン鳥栖U-15選抜 vs BRA(イタリア)5-0(3-0)中村尚輝、坂口眞汐3、松尾亮汰GK田中勇輝DF船原零央、古賀照也、千代島瞬、平島諒多MF岩﨑雄永、田口涼太、佐藤聡史、中村尚輝、大島清FW坂口眞汐GK秋永皇麗DF末次晃也、市村歩夢、中野伸哉MF西村洸大、相良竜之介FW松尾亮汰中村尚輝→松尾亮汰佐藤聡史→市村歩夢【ステファーノ・グッゼーラ国際大会 9位決定戦】サガン鳥栖U-15選抜 vs ナポリ(イタリア)1-0(0-0)末次晃也GK田中勇輝DF船原零央、末次晃也、千代島瞬、中野伸哉MF西村洸大、田口涼太、佐藤聡史、中村尚輝、相良竜之介FW坂口眞汐GK秋永皇麗DF左座佑眞MF平島諒多、岩﨑雄永、大島清FW山本龍希、田中禅坂口眞汐→山本龍希田口涼太→岩﨑雄永千代島瞬→左座佑眞山本龍希→田中禅

サッカースクールブログ

園児から中学生までの男女が対象。未経験でも丁寧に指導します。

NEW 2017/4/17

本日の武雄スクールについて

武雄スクール生の皆様、保護者様いつもお世話になっております。本日の武雄スクールは、雨天のため体育館で行います。体育館シューズをご持参ください。お間違えのないようよろしくお願い致します。サガントス・サッカースクール事務局

サガンティーナブログ

サガン鳥栖を盛り上げるガールズユニット「サガンティーナ」のブログです。

NEW 2017/4/23

勝ち点3

おはようございますYUNAです昨日は1-0 勝ち点3Getたくさんのご来場ありがとうございました九州だJ!フェスタ2017たくさんのマスコットキャラクターが駆けつけてくれました   ハーフタイムでは一緒に会場を盛り上げてくれました昨日はまりえが書いてくれたようにWelcome Danceデビューでしたたくさんの方がみにきてくださっていてとても嬉しかったですそして5/7(日) 17:00 キックオフ「2017明治安田生命J1リーグ」第10節 vs横浜F・マリノス戦「レディースデー〜勝利の女神が翼をさずける〜」倖田來未さんがカラーデザインを監修したサガンピンクの当日限定記念ユニホームの選手着用並びに、来場者全員に記念ユニホームプレゼントされます私達サガンティーナも着用したのですがピンクですごく可愛いくて本当にお気に入りですぜひこの可愛い当日限定記念ユニホームGetしてください明日はERIKOSagantinaYUNA

ホーム ファンゾーン ブログ