SAGANTOSU
Official Web Site

7/30(日) 2017明治安田生命J1リーグ
第19節

サンフレッチェ広島 vs サガン鳥栖

エディオンスタジアム広島 18:30

HOME

サンフレッチェ広島
0

試合終了

0 前半 0

0 後半 1

1

AWAY

サガン鳥栖
    • 趙 東建(75‘)

    アウェイグッズ情報

    7/30(日)『明治安田生命J1リーグ第19節』vsサンフレッチェ広島(アウェイ)にてサガン鳥栖グッズ販売のお知らせ

    【販売場所】
    場内 ビジターシート下(バックスタンド寄り)

    【販売時間】
    16:00~(ホーム側シーズンチケット所有者は15:30)

    【販売グッズ】
    ・2017レプリカユニフォーム
    ・2017コンフィットシャツ
    ・2017背番号タオルマフラー
    ・AWAY限定 2ndモデルリストバンド
    ・その他サガン鳥栖商品
     

    メンバー

    スターティングメンバー

    GK34中林 洋次
    DF40丹羽 大輝86‘
    DF5千葉 和彦
    DF4水本 裕貴
    DF3高橋 壮也
    MF6青山 敏弘
    MF2野上 結貴77‘
    MF44アンデルソン ロペス55‘
    MF30柴﨑 晃誠
    MF18柏 好文
    FW39パトリック
    GK33権田 修一
    DF8藤田 優人
    DF5キム ミンヒョク
    DF35青木 剛
    DF23吉田 豊
    MF6福田 晃斗
    MF14高橋 義希
    MF4原川 力
    FW27田川 亨介51‘
    FW32ビクトル イバルボ63‘
    FW11豊田 陽平90+1‘

    控えメンバー

    GK21廣永 遼太郎
    MF16清水 航平
    MF7茶島 雄介55‘
    MF10フェリペ シウバ86‘
    MF28丸谷 拓也
    FW22皆川 佑介
    FW50工藤 壮人77‘
    GK1赤星 拓
    DF13小林 祐三
    DF15鄭 昇炫51‘
    MF28石川 啓人
    MF50水野 晃樹
    FW9趙 東建63‘
    FW22池田 圭90+1‘

    監督

    ヤン ヨンソン
    マッシモ フィッカデンティ

    試合経過

    91‘
    • 豊田 陽平
    • 池田 圭
    • 丹羽 大輝
    • フェリペ シウバ
    86‘
    • 野上 結貴
    • 工藤 壮人
    77‘
    76‘
    • 趙 東建
    75‘
    • 趙 東建
    63‘
    • ビクトル イバルボ
    • 趙 東建
    • 高橋 義希
    • アンデルソン ロペス
    • 茶島 雄介
    55‘
    51‘
    • 田川 亨介
    • 鄭 昇炫
    40‘
    • 田川 亨介
    • アンデルソン ロペス
    33‘

    スタッツ

    13FK10
    7CK5
    0PK0
    16シュート7
    1/0警告/退場3/0

    試合環境

    入場者数

    14,974人

    天候

    晴のち曇

    気温

    29.3℃

    湿度

    83%

    主審

    扇谷 健司

    副審

    宮島 一代

    副審

    馬場 規

    第4の審判員

    西村 幹也

    マッシモフィッカデンティ監督

    すごく難しい試合になるのは覚悟していました。今、少し苦しい時期を過ごしている相手というのは分かっていたのですけれど、しっかりと準備をしました。
    サンフレッチェ広島は、新しい監督のもとですごく丁寧な試合を入りからやっているなという印象を受けました。こちらも、まずはミスを絶対しないというやり方をして、今日のような試合になったと思います。長い間ずっと一つの形でやっていて、すごく慣れているところからシステムを変えて相手は戦っていますが、丁寧さという部分に関して選手たちは意識してプレーしていたと思います。
    ポゼッションと前半30分はこういうサッカーをしよう、絶対にやってはいけないというプレーをやらずにすごく良いペースでした。ゴール前でもう少し具体性のあるプレーが出たほうが、より形になったのかなというのはあります。
    前半の残り10~15分は、相手に背の高い選手も多いのでクロスやセットプレーからこちらが苦しい時間帯もあったと思います。後半は、5-3-2にして途中からさらに5-4-1にして守るというところにバランスを移しました。
    実際には相手のゴールになってもおかしくないというチャンスを作られていたところもあります。自分の選手に対しても言っておかなければならないのは、しっかりと守れていたのもありますが、それが入らなかったのは運もあるということをこの試合を振り返る時にきちんと伝えたいです。
    この夏の暑い時期にやりたいサッカーを90分間続けることは難しいと思います。今年まだアウェイで勝っていなかったので勝点3を取ること、とにかく結果にこだわってやってきました。中断の期間もあったので、この試合に集中し準備する時間もとれて、まずその結果が出たことが一番だと思います。
    ケガ人が多かったりコンディションの上がらない選手もいたりしましたが、良い形で乗り切れたというのもあります。さらに戻ってくる選手もいますので、より層を厚くして今後に繋げていきたいと思います。

    高橋義希選手

    前半の半分くらいは、自分たちのリズムで非常に良い形ができていたと思います。その中で点が取れていればもっと良かったですし、そういう時間帯をもっと増やしていけたら良いなと思います。
    試合全体を通しては、前半の最後の方から後半に少し課題の残る試合展開になりました。難しい試合展開の中でドンちゃん(趙東建選手)がうまく決めてくれて、それを守り抜けたのは自信になります。今シーズンのアウェイで勝てたこと、ここ(エディオンスタジアム広島)で初めて勝てたことは、チームにとって大きな1勝だと思うので次に繋げていきたいと思います。
    ドンちゃんがゴール決めた後も、ファン・サポーターの皆さまがつくってくれた雰囲気は凄く良かったですし、皆さまの力があっての勝利だと本当に思っています。引き続き今日来てくださった方、いつも応援して下さる方々に喜んでもらえるよう、ホームもアウェイも頑張ります。

    趙東建選手

    【ゴールシーンについて】トヨ(豊田陽平選手)が中央のところでボディーコンタクトしながらしっかりと自分のところに落としてくれました。ボールを受けてファーストタッチの後にキーパーの位置をパッと見て前に出ていたのでその時に決断して思い切って打ちました。うまくインパクトできたので打った瞬間いいなと思いました。
    良い準備はしていたつもりでしたし、途中で入ったら必ず得点しようという思いは強く持っていました。継続していい状態が保てていると思いますし、これから先、もっともっと良くなっていくかなと自分では思います。
    監督には前線でしっかりと相手にプレスをかけて守備のところもしっかりと貢献するように言われていました。