SAGANTOSU
Official Web Site

8/15(水) 2018明治安田生命J1リーグ
第22節

川崎フロンターレ vs サガン鳥栖

等々力陸上競技場 19:00

HOME

川崎フロンターレ
0

試合終了

0 前半 0

0 後半 0

0

AWAY

サガン鳥栖

      アウェイグッズ情報

      8/15(水)『明治安田生命J1リーグ』第22節vs川崎フロンターレにてサガン鳥栖グッズ販売のお知らせ

      【販売場所】
      等々力陸上競技場 場内ビジターゴール裏グッズ売店
      [販売時間]開門(17:00)~試合終了後30分程度

      等々力陸上競技場  場外フロンパーク ビジターチームグッズ売店
      [販売時間]15:00~18:30

      【販売グッズ】
      フェルナンド・トーレス選手グッズ
      ・誤報じゃないよ!ほんトーレス!Tシャツ
      ・来てくれてありがトーレス!Tシャツ
      ・誤報じゃないよ!ほんトーレス!タオルマフラー
      ・来てくれてありがトーレス!タオルマフラー
      ・ナンバーTシャツ(9番TORRES)
      ・【新柄】背番号タオルマフラー(9番)

      通常グッズ
      ・タオルマフラー
      ・2018YEAR BOOK
      ・背番号タオルマフラー(4番・17番)

      メンバー

      スターティングメンバー

      GK1チョン ソンリョン
      DF18エウシーニョ
      DF5谷口 彰悟
      DF7車屋 紳太郎
      DF2登里 享平
      MF25守田 英正
      MF10大島 僚太
      MF14中村 憲剛81‘
      MF41家長 昭博88‘
      MF8阿部 浩之81‘
      FW11小林 悠
      GK20権田 修一
      DF13小林 祐三
      DF5キム ミンヒョク
      DF3高橋 祐治
      DF8藤田 優人
      MF36高橋 秀人
      MF4原川 力76‘
      MF6福田 晃斗
      FW40小野 裕二81‘
      FW44金崎 夢生
      FW9フェルナンド トーレス

      控えメンバー

      GK30新井 章太
      DF17武岡 優斗
      DF29舞行龍ジェームズ
      MF19森谷 賢太郎
      MF27鈴木 雄斗81‘
      MF37齋藤 学81‘
      FW20知念 慶88‘
      GK18高丘 陽平
      DF24安在 和樹81‘
      DF33ジョアン オマリ
      MF14高橋 義希76‘
      MF21加藤 恒平
      FW11豊田 陽平
      FW27田川 亨介

      監督

      鬼木 達
      マッシモ フィッカデンティ

      試合経過

      • 家長 昭博
      • 知念 慶
      88‘
      • 阿部 浩之
      • 鈴木 雄斗
      • 中村 憲剛
      • 齋藤 学
      81‘
      • 小野 裕二
      • 安在 和樹
      76‘
      • 原川 力
      • 高橋 義希

      スタッツ

      5FK14
      7CK2
      0PK0
      25シュート2
      0/0警告/退場0/0

      試合環境

      入場者数

      24,390人

      天候

      気温

      29.9℃

      湿度

      69%

      主審

      佐藤 隆治

      副審

      作本 貴典

      副審

      間島 宗一

      第4の審判員

      松澤 慶和

      マッシモフィッカデンティ監督

      本日の試合もしっかり戦ったと思います。
      まずは選手に大事な勝ち点1を獲得したことを褒めたいと思います。我々にとってはじめから難しい試合になることは予想していました。セレッソ大阪、浦和レッズと対戦して連勝した後の非常に大事な試合でしたので、今回こうして勝ち点1を取れたことはすごく大事なことだと思います。
      我々のような順位にいるチームが勝ち点を持って帰ることができるということは良いシグナルが出ていると思います。戦術的に振り返ると、前半は攻撃的なプレッシャー、守備的なプレッシャーそれぞれ交互にやりたいと思っていました。ボールを奪ってからの再スタートで、用意したものができず川崎フロンターレにとって危険性は高くなかったと思います。相手は高い位置で攻撃のプレッシャーをかけるチームだと最初から読んでいました。我々は一度ボールをキープして後ろに下げて再スタートする形が足りていませんでした、後半は相手の選手にも疲れが見える中、オープンな試合展開になったと思います。そして、最後の10分間は相手がチャンスを多くつくりましたが、権田選手がしっかり守ってくれたと思います。

      藤田優人選手

      勝ち点1を取れたことは長い目で見れば良いかもしれませんが、勝ち点3を取らなければいけない試合だったと思います。
      川崎フロンターレのような相手にはボールを持たれる時間が長くなってしまいます。ボールを奪ってからカウンター攻撃で何度か良い場面があって、決めることができていれば自分たちが勝つチャンスもあったと思います。ディフェンスラインは守備をしっかりして失点しないということが第一なので、そこを心がけて戦いました。
      (ファン・サポーターの皆さまへ)アウェイでもピッチでプレーしている自分の耳には皆さまの声援が届いていました。アウェイでの連戦となりますが、次の名古屋グランパス戦にも来ていただけると力になりますので、応援よろしくお願いします。

      権田修一選手

      苦しい試合でしたが、勝ち点1を取れたことは良かったです。今年は残留争いをしている状況なのでこういった試合で勝ち点を取れたことはポジティブに考えていいと思います。
      ただ、ぼくらサガン鳥栖が今後発展していくことを考えたら、今年のことは100歩譲っていいとして、来年ここに戻ってきた時にこのような試合にならないようにしていきたいと思いますし、成長していかなければいけないと思いました。こういった順位だからこそ、勝ち点を拾って細かく成長していかなければいけないと思います。
      他のチームの勝ち点を気にしていたら変なプレッシャーを感じます。僕らは一試合一試合勝ち点を重ねていかなければなりません。試合数が少なくなるにつれて他の試合情報も気になってきますが、自分たちが勝つのみです。こういった時にクラブの真価が問われますので、今回の試合で感じた差をなくせるように日々しっかり練習して頑張りたいなと思います。
      (決定的な場面を何度も防ぎましたが) どうしても守備が崩される時というのはあるので、シュートが来たらそれを止める、前線に良いフィードを送ることだけを考えました。弾く位置やキャッチのポイントなど細かいことを考えていたらキリがないですし、そこはゲーム後に反省をすればいいので、ゲーム中は防ぐことだけを考えていました。
      (名古屋グランパス戦へ向けて)相手どうこうではなく自分たちが良いサッカーをできれば勝ち点3に繋がりますし、それができればいい結果に結びつくと思います。相手の状況もありますが、中3日で自分たちがいい準備をして次いい試合ができるようにしていきたいと思います。