SAGANTOSU
Official Web Site

NEWS ニュース

過去のニュース

サガン鳥栖オフィシャルブログ

NEW 2017/2/19

国際親善試合vs水原三星ブルーウィングス!

【国際親善試合】サガン鳥栖2-1水原三星ブルーウィングス(HOME・ベストアメニティスタジアム) 「勝つんだというスピリットをチームが持っていた(マッシモフィッカデンティ監督)」というサガン鳥栖が勝利したこの一戦。 試合序盤からキムミンヒョク選手と昨シーズンまでサガン鳥栖に在籍していた金民友選手(水原三星ブルーウィングス)のマッチアップにベアスタの雰囲気も盛り上がります。 ラインを割りそうなボールにも諦めずに追いかけるフランコスブットー二選手。高さとスピードで相手攻撃をブロックします。 権田修一選手の落ち着いたプレーと的確な判断など見所の多い試合となりました。 無尽蔵のスタミナを誇り、副キャプテンとしてもチームの屋台骨となる高橋義希選手。 昨シーズンよりも「進化」したサガン鳥栖を見て頂きたいと藤田優人選手。 昨シーズン同様に「自分らしく」ハードワークを続けた福田晃斗選手。 前半21分に福田晃斗選手のパスに「 お互いのイメージが合致した」という反応を見せた豊田陽平選手が先制ゴール。 豊田陽平選手が今シーズンよりエースとして、キャプテンとしてチームを引っ張ります。 その後、一度は追いつかれますが、「もっと点を取れるチャンスもありましたし、自分たちのやってきたこと、やるべきサッカーはしっかり自信持ってチャレンジできた(吉田豊選手)」という試合運びを見せるサガン鳥栖。 後半4分、鎌田大地選手がドリブルで持ち込んでそのままシュートを放ちます。 ゴール右隅に吸い込まれ、決勝点を奪いました。 「この試合が開幕戦に向けてすごくいい形で生かせるのではないかと思います」とマッシモフィッカデンティ監督。 「(ベアスタは)雰囲気もすごく良くて、サポーターも温かくて、自分の横断幕が掲げてあったのも見れて嬉しかったし、来週から本番、そこで勝利を分かち合えるようにしたいです」と開幕に向けて準備をする小川佳純選手。 2/25(土)ホーム開幕戦vs柏レイソル、皆さまの熱い応援よろしくお願いします。 また、レポートします。

ホーム ニュース