SAGANTOSU
Official Web Site

2018.10.21 クラブ

【3.11を忘れない】第5回 復興支援サッカー教室 実施報告

(株)サガン・ドリームスは、10月21日(日)福島県南相馬市にて、九州レジェンズによる第5回復興支援サッカー教室を行いました。
 

・遠藤 彰弘(えんどう あきひろ)鹿児島県出身、横浜マリノス/横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸
・宇留野 純(うるの じゅん)埼玉県出身、ヴァンフォーレ甲府、ロアッソ熊本
・ノグチピント・エリキソン(のぐちぴんと・えりきそん)ブラジル出身、大分トリニータ、サガン鳥栖、アビスパ福岡、柏レイソル
・小井手 翔太(こいで しょうた)福岡県出身、サガン鳥栖、ガイナーレ鳥取、グルージャ盛岡、奈良クラブ

参加者は南相馬市のサッカーチームに所属する子どもたち5団体74名!
開会式では副市長の松浦隆太様から挨拶をいただき、五年もの長い支援に感謝すると言うお言葉でした。


開会式を終え、まずはコーチの間をすり抜けるゲームなどをして体をあたためました。


サッカーの技術トレーニングではボールを止めて蹴ると言う事がいかに大事かということを伝えました。
一方で、ノグチピント・エリキソン コーチがGKの子を集めてキャッチの仕方や痛くないようにセービングするトレーニングをしていました。


学年別に分かれての試合ではゴールを決めるためにみんな必死になってプレーしていました。


試合後、ノグチピント・エリキソン コーチからゴールを奪えるかというゲームに子どもたちが挑戦しました。さすが元プロサッカー選手、なかなかゴールを決めさせてくれませんでした。参加全員でシュートを打ち、ようやくゴールを決めることができました。


閉会式では九州レジェンズのコーチ達から、サッカーが上手くなるためのコツや心構えを伝え、子ども達の代表からお礼の言葉をいただきました。


サッカー教室後、サイン会や写真撮影などで交流を深めました。


また、サッカー教室に参加していただいた子どもたちを前日の10月20日(土)『2018明治安田生命J1リーグ』第30節 サガン鳥栖vsベガルタ仙台に招待しました。

ご参加いただきました子どもたち、保護者様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

最新ニュース

ホーム ニュース 【3.11を忘れない】第5回 復興支援サッカー教室 実施報告