SAGANTOSU
Official Web Site

ORGANIZATION アカデミー組織説明

アカデミーとは


サガン鳥栖アカデミーではU-18(高校生年代/第2種)、U-15鳥栖・唐津(中学生年代/第3種)、U-12(小学生/第4種)から成る育成部門「ユースセクション」と、サッカーの楽しさ伝える普及部門「サッカースクール」で構成しています。
一貫した育成システムにより、主人公である無限の可能性を持つ選手たちの想像力、独創力を引き出せる指導を行い、サッカーを通じ豊かな人間性と常識ある社会人としての人材育成にも重点を置き活動しています。九州各地から選手が集い、目標とされる育成組織をめざし、将来、トップチームで活躍できる選手を育成することを目的にクラブ全体で取り組みます。

ユーススポンサー

アカデミーオフィシャルブログ

NEW 2018/5/4

4月19日(木)~23日(月)オランダ・アヤックスに視察

4月19日(木)~23日(月)の5日間、アカデミースタッフの2名が、オランダ・プロサッカーリーグ「Eredivisie(エールディヴィジ)」所属『アヤックス』へ視察に行きました。■トップチーム ホームゲーム観戦5万3千人収容のアムステルダムアレナで行われたアヤックスvsVVVフェンロの試合を観戦。ホームゲーム独特の雰囲気の中、アヤックスらしいボールを保持し攻撃的なサッカーで4-1で勝利しました。■クラブハウス、トレーニング視察ピッチ11面、クラブハウス、教育施設を視察。建設中のグラウンドもありスケールの大きさ、選手育成に対する価値観を感じることができました。様々な環境、アイデアの中でプログラムされたトレーニングも見ることができました。■アカデミーの試合観戦アヤックス U-19vsPSV U-19観戦U-19のゲームとは思えないほどの観客の多さとサポーターの熱狂的な雰囲気は日本にはない文化の違いを感じました。アヤックスは前半早々に退場者を出しますが、数的不利とは思えないほどの技術の高さとチーム戦術の徹底で互角以上の戦いができていました。最後まで戦い抜く姿勢はサガン鳥栖と共通する部分を感じました。■アカデミー(U-19、U-17、U-12)のトレーニング視察U-19、U-17は翌日の試合前の準備の為に戦術の確認がメインテーマでした。ビルドアップからシュートまでのイメージを共有していました。U-12は個別トレーニングと全体トレーニングと別れて行っていました。テクニックに特化したトレーニングは専属のコーチがついてモチベーション高く取り組んでいました。今回の視察を通じてアヤックスの価値観や文化を知ることができました。視察で見て感じたことを今後のパートナーシップがより良いものになるように役立てていきたいと思います。

ホーム アカデミー アカデミー組織説明