SAGANTOSU
Official Web Site

4/10(水) 2019JリーグYBCルヴァンカップ
第3節

FC東京 vs サガン鳥栖

秩父宮ラグビー場 19:00

HOME

FC東京
1

試合終了

0 前半 0

1 後半 0

0

AWAY

サガン鳥栖
  • 久保 建英(84‘)

    メンバー

    スターティングメンバー

    GK33林 彰洋
    DF2室屋 成
    DF32渡辺 剛
    DF3森重 真人
    DF6太田 宏介
    MF39大森 晃太郎90+3‘
    MF29岡崎 慎
    MF8髙萩 洋次郎
    MF17ナ サンホ62‘
    FW16ジャエル
    FW11永井 謙佑70‘
    GK18高丘 陽平
    DF13小林 祐三
    DF3高橋 祐治
    DF5ニノ ガロヴィッチ
    DF20カルロ ブルシッチ
    MF24安在 和樹53‘
    MF41松岡 大起
    MF36高橋 秀人
    FW40小野 裕二85‘
    FW19趙 東建76‘
    FW44金崎 夢生

    控えメンバー

    GK1児玉 剛
    DF5丹羽 大輝
    DF25小川 諒也
    MF15久保 建英62‘
    MF45アルトゥール シルバ90+3‘
    MF46紺野 和也
    FW27田川 亨介70‘
    GK1大久保 択生
    DF2三丸 拡
    MF7イサック クエンカ53‘
    MF14高橋 義希
    MF16島屋 八徳85‘
    MF30樋口 雄太
    FW11豊田 陽平76‘

    監督

    長谷川 健太
    ルイス カレーラス

    試合経過

    • 大森 晃太郎
    • アルトゥール シルバ
    93‘
    85‘
    • 小野 裕二
    • 島屋 八徳
    • 久保 建英
    84‘
    76‘
    • 趙 東建
    • 豊田 陽平
    72‘
    • イサック クエンカ
    • 永井 謙佑
    • 田川 亨介
    70‘
    • ナ サンホ
    • 久保 建英
    62‘
    53‘
    • 安在 和樹
    • イサック クエンカ
    46‘
    • 趙 東建
    26‘
    • ニノ ガロヴィッチ
    • 髙萩 洋次郎
    19‘
    • 渡辺 剛
    14‘

    スタッツ

    11FK16
    6CK2
    0PK0
    9シュート8
    2/0警告/退場3/0

    試合環境

    入場者数

    5,181人

    天候

    気温

    6.6℃

    湿度

    90%

    主審

    今村 義朗

    副審

    川崎 秋仁

    副審

    数原 武志

    第4の審判員

    阿部 将茂

    ルイスカレーラス監督

    雨も降って寒い中、遠いアウェイまで応援に来てくれたファン・サポーターの方に感謝いたします。
    リーグ戦で失点していた守備の部分についてですが、今日の試合では改善が見られて強く戦うことができたと思います。いい守備から攻撃につなげてしっかりフィニッシュまでもっていく場面も見られたのですが、肝心のゴールが奪えませんでした。逆に相手に対して危険な位置でフリーキックを与えてしまい、それが失点につながってしまいました。

    小野裕二選手

    シンプルにシュートの意識、クロス1つ入れるにしてももう少しきわどいボールや、今日の相手ゴールキーパーの特徴やグラウンド状態も考えたら低いボールで勝負する、細かい部分だと思いますがそういうところはもっと必要だと思います。失点する前に自分たちがボールを回していた時間帯もあったのですが、そこでサイドからしっかりクロスを上げてセカンドボールを拾って2列目からの飛び出し、シュートまでもっていく形をつくらなくてはいけなかったです。ボールを回してシュートできずに奪われてカウンターという流れが多くて、それだと厳しくなります。いい時間帯だからこそ、はっきりと自分たちの攻撃で終わらせることが大事だったと思います。
    (ファン・サポーターの皆さまへ)アウェイでの試合が続いて、遅い時間の試合や今日も雨の中遠いところまでたくさんの方に来てもらったのですが、結果が出なくて申し訳ないというのが一番です。またすぐに試合があるので、しっかり切り替えて次のホームで勝てるように準備します。

    小林祐三選手

    もう少し自陣からの組み立てのところで色を出したかったです。リスク回避のボールを優先したいという意図もすごく分かるのですが、もう少しみんなで勇気あるポジションを少しずつとることができたら良かったと思います。
    雨が降ってスリッピーでしたし、ボールの弾み方もサッカーのグラウンドとは少し違ったので難しさはありました。実際厳しいシチュエーションはたくさんあるのですが、それでも1人1人がボールを本気でもらいにいく、もらえなくてももらおうとするポジションをとろうとするか諦めるかで変わってくるので、自分も含めてもう少し勇気をもってプレーできたらなと思います。
    自分の中で公式戦に出たのは今年初めてで、ピッチに戻ってくることができてうれしい気持ちはあります。そういう純粋な気持ちをピッチで表現できたらいいと思います。

    フォトギャラリー