SAGANTOSU
Official Web Site

10/29(土) 2022明治安田生命J1リーグ
第33節

湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖

レモンガススタジアム平塚 15:00

HOME

湘南ベルマーレ
3

試合終了

2 前半 0

1 後半 0

0

AWAY

サガン鳥栖
  • 町野 修斗(7‘)
  • 町野 修斗(21‘)
  • 山本 脩斗(78‘)

    メンバー

    スターティングメンバー

    GK1谷 晃生
    DF4舘 幸希
    DF16山本 脩斗
    DF2杉岡 大暉
    MF3石原 広教83‘
    MF11タリク77‘
    MF14茨田 陽生
    MF10山田 直輝71‘
    MF44中野 嘉大
    FW13瀬川 祐輔
    FW18町野 修斗83‘
    GK40朴 一圭
    DF24長沼 洋一
    DF4島川 俊郎
    DF20ファン ソッコ
    DF13中野 伸哉61‘
    MF6福田 晃斗79‘
    MF37小泉 慶
    MF18西川 潤79‘
    MF29岩崎 悠人61‘
    FW10小野 裕二61‘
    FW11宮代 大聖

    控えメンバー

    GK23富居 大樹
    DF6岡本 拓也83‘
    DF22大岩 一貴
    MF15米本 拓司71‘
    MF28平岡 大陽
    MF49阿部 浩之77‘
    FW9ウェリントン83‘
    GK31岡本 昌弘
    DF30田代 雅也
    MF14藤田 直之79‘
    MF47森谷 賢太郎79‘
    MF44堀米 勇輝61‘
    MF8本田 風智61‘
    FW19垣田 裕暉61‘

    監督

    山口 智
    川井 健太

    試合経過

    89‘
    • 小泉 慶
    • 町野 修斗
    • ウェリントン
    • 石原 広教
    • 岡本 拓也
    83‘
    79‘
    • 西川 潤
    • 森谷 賢太郎
    • 福田 晃斗
    • 藤田 直之
    • 山本 脩斗
    78‘
    • タリク
    • 阿部 浩之
    77‘
    • 山田 直輝
    • 米本 拓司
    71‘
    61‘
    • 小野 裕二
    • 本田 風智
    • 岩崎 悠人
    • 堀米 勇輝
    • 中野 伸哉
    • 垣田 裕暉
    • 町野 修斗
    21‘
    • 町野 修斗
    7‘

    スタッツ

    10FK12
    10CK5
    0PK0
    13シュート9
    0/0警告/退場1/0

    試合環境

    入場者数

    11,350人

    天候

    晴時々曇

    気温

    20.9℃

    湿度

    36%

    主審

    飯田 淳平

    副審

    浜本 祐介

    副審

    岩崎 創一

    第4の審判員

    佐藤 誠和

    川井健太 監督

    試合総括:
    今シーズン最後のアウェイで、たくさんのファン・サポーターに来ていただいたのですが気持ちよく帰ってもらう事が出来ずに申し訳ないなと思います。 ただ、残り1試合ありますので、しっかり自分たちの家(ホーム)に戻って、いい想いでシーズンを終えてもらえるように、一週間また準備したいと思います。

    Q:前半から失点してしまいましたが、試合の入りについて。
    A:入り自体は悪くなかったと思います。しっかりと相手の嫌な所(スペースが出来る所)を狙いながらやることはできていました。 1失点目は湘南さんの得意なパターンだと思うのでそこをケアできなかったところ、2失点目は少しミスが出てしまったところでは、前半の2失点は少し引きずられるような気持ちの失点だったなと思います。

    Q:ハーフタイムのコメントで冷静にプレーするようにとおっしゃってましたが、具体的には?
    A:2失点したことによって引きずられてしまうのではないかと思ったこと、湘南さんのホームで相手サポーターもたくさん入った中で、おそらく少し気持ちを持って行くような形は、なかなか難しいかなと思って言いました。 プレー自体はそこまで悪くなかったんですよね。ただ、最後のズレをしっかりとみんなで共有して、修正しなければいけないかなと思ってそのようにコメントしました。

    Q:最終戦に向けての意気込みを。
    A:いいシチュエーションですね。今シーズン初めて3連敗した中で、最後何を見せれるか。 最後の試合でルヴァンカップのチャンピオンである広島さん相手に何を自分たちのホームで披露できるか。少し逆境に立たされたというところでは、今から非常に楽しみにしています。

    福田晃斗 選手

    Q:試合を振り返って。
    A:前半の立ち上がり、自分たちのペースで進められるかなと思ったのですが、早い時間に失点してしまいました。失点後も自分たちのやるべきことを変えずにやっていこうという中で、細かいところでのミスが多く出てしまいました。 自分たちでボールをしっかり動かし得点チャンスをうかがいながらやっていて、1点返せていればというところもありますし、そこの細かい所というか勝負所は突き詰めていかなければいけないと思います。チーム全体で反省すべきところはして、伸ばすべきところは伸ばして次の試合を迎えられたらと思います。

    Q:J1通算150試合を達成したことについて。
    A:あまり試合数とかは気にしていなくて、引退する時に出る結果だと思っています。 僕自身あまり意識してない中で、今日150試合だったんだと気づかされました。出場試合数を伸ばすという気持ちではなく、自分が引退する時に結果としてたくさんの試合に出ていたらいいなと思いますので、ケガをせずに継続して出場できたらいいですね。

    Q:ホームでの最終戦、意気込みを。
    A:ここ最近、サポーターの皆さんに勝ちを届けられていないので、まずは結果を求めたいと思います。どの試合も結果を求めてやっていますけど、最終戦はホームということで、来季もサガン鳥栖の試合が観たいなと思ってもらえるような試合をしなければいけないと思っているので、一週間いい準備をして臨みたいです。

    小野裕二 選手

    Q:試合を振り返って。
    A:自分たちの力不足だと思います。 たくさんのサポーターが見に来てくれている中で、みんな一生懸命やってはいますが、結果にこだわってもっとやらなければいけないですし、その中でしっかり課題も見つける必要があります。 今シーズンまだあと1試合、ホームで試合が残っていますのでしっかりいい準備をしたいと思います。 今すぐ敗戦を受け入れるのはできなくても一週間あるのでしっかり消化し、今日来てくれた人たちはホームにもまた来てくれると思いますので、変わった姿を少しでも見せられるようにしたいです。

    Q:失点後に相手の守りが引いてた中で、攻撃の手応えや課題は?
    A:もう少しゴール取るための崩しというか、一人ひとりがダイナミックな動きをしていかなければいけないなと。ブロックを作られて相手が準備しているところに仕掛けても可能性は低くなりますし、相手の嫌がるところに走ったり、動き直したり、一回で崩そうというよりか、何回も何回も継続して仕掛けていけるような攻撃、距離感にもっとしないといけないと思います。