SAGANTOSU
Official Web Site

2019.5.7 トップ

福田晃斗選手 キャプテン就任会見コメント

新キャプテン挨拶

金明輝監督からキャプテンを任命された時、迷うことなく「やります」という返事をさせて頂きました。
一切、軽い気持ちで引き受けたつもりはありません。
この状況をチームの誰よりも「自分が変えるんだ」という強い気持ちで引き受けたつもりですし、変える自信もあるので、ここからチームを引っ張って、立て直して、少しでも上に行けるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いします。

高校でキャプテン、大学では副キャプテンの経験もあると思いますが、自身の中でキャプテン像は?

高校、大学時代と部員数が多い中でまとめる大変さも経験したので、それは分かっているつもりですし、その経験を活かしたいと思っています。ただ、プロの世界はまた違って様々な選手がいるので、まとめるのは大変だと分かってはいるのですが、自分なりにここ何日間か考えてキャプテンとしてどうしていくべきかを考えた時に考えすぎてもよくないと思いました。こうしてキャプテンに任命されたのも今までの自分の行動を監督が見て選んでくれたと思っているので、今まで通り変わらないプラスαでもっとチームに貢献できることを考えてやっていきます。まずチームに信頼してもらえるように、サポーターの方々にあいつがキャプテンでよかったと思って頂けるようにやっていけたらいいと思っています。
 

体の状態、離れている間チームをどう見ていましたか?

試合に出てチームに貢献できないことで申し訳ない気持ちはもちろんありました。(自分自身)状態は凄く良くなっているので、どの試合でいけるかはっきりとは分かりませんが、できる限りのことをやっていきます。試合に出た時はチームの先頭に立って、引っ張っていく自信、勝つ自信もありますし、そこをサポーターの方々に見て頂ければと思います。

福田選手はハードプレーが持ち味、復帰したらどういうプレーでチームを引っ張りますか?

僕が求められているのはそういう部分だと思いますし、自ら体を張ることで選手たちもそれを見て頑張っていると思ってくれるでしょうし、相手チームが嫌がるようなプレー、相手より走るところを常に見せて周りの選手に勇気を与えるようなプレーをしていきたいと思います。
 

苦しい状況、チームの課題は?

色々な面があると思います。攻撃、10試合で1点しか取れていないと言われますが、無失点の試合が多くないので、そういったところを見ると、まず守備はゼロで抑えることを基本にしっかり立て直したいです。そこから生まれる鳥栖の攻撃の良さ、バランスよく戦って、特にホーム戦ではギリギリのところで1点を取って勝ち切る、相手にリードを許しても逆転するというのが鳥栖の魅力でもあると思っています。そういう基本的な守備というのをしっかり取り戻すべきだと思いますし、自分だけでなく、みんなが色々と思っていることはあると思うので、そこをすり合わせていきたいです。

サポーターへのメッセージ

本当に今の結果に対して様々なサポーターの方々に不満があるのは当然だと思います。例えば自分がサポーターだったとしたら、そういう不満を抱いていると思いますし、それは当然のことですが、昨シーズンに7連敗した時もサポーターの方々は常に声をかけ続けてくれて這い上がれたので、少しでも、1人でも多くの方に声をかけ続けて頂きたいです。サポーター方々と少しでも上にあがりたいし、皆さんと喜び合いたいですし、自分が試合に出る、出ないに関わらず、勝ち点3を目指してやっていきたいと思います。

最新ニュース

ホーム ニュース 福田晃斗選手 キャプテン就任会見コメント